視力低下の原因は、暗い所やスマホ!

スマホと視力

 

子供の目が悪くなる原因として、よく「顔が近づけて見過ぎると目が悪くなる」・「暗い所で本を読むと目が悪くなる」などと言われていますがこれはあながち間違えではありません。

 

近くの作業を行っているとピントを近くに合わせている状態となり、これを長時間行う事でピント合わせをする筋肉が緊張してしまい、一時的にピントが近くで固まってしまい遠くが見えにくくなるのです。

 

これを「調節緊張」や「仮性近視」と言います。

 

顔を近づけて物を見るとより近くにピントを合わせる必要があり、また暗い所での作業も目への負担がどうしても大きくなってしまうのです。

 

子供は暗い部屋でも気にせず本を読んだり遊んだりしがちです。

 

また現代は学力社会と言われる通り幼稚園からすでに塾に通わせていたり、携帯電話の普及でスマホを持っている子供が増えています。

 

このような生活背景も重なり暗い所やスマホが視力低下の原因の一つとも言われているのです。

 

特に小さなパソコンと呼べる多機能なスマホが発売され、電話やメール機能だけではなくゲームなども今ではスマホで行えます。

 

スマホでゲームなどをすると楽しみ過ぎてついつい時間を忘れてしまいがちです。

 

近くの長時間作業が視力低下の原因となるので、こういったゲームなどは特に子供の目が悪くなる大きな原因と言ってもよいでしょう。

 

つまり同じゲームでもテレビゲームの方が距離が長くなるので目にとっては優しいと言えるのです。

 

暗い所やスマホが子供の目が悪くなる原因と言う事を親がしっかりと理解しておく事が、子供の視力低下を防ぐためにもとても重要な事なのです。

 

子供の視力が低下したことに悩んでいる親御様は非常に多いです。

 

 

子供にメガネはかわいそう、なるべくならメガネをつけさせてたくない。

 

と思う親御さまも多いでしょう。

 

 

子供の視力回復法として、おすすめなのがアイトレーニングです。

 

 

アイトレーニング視力回復法の詳細はこちら