アイトレーニングの視力回復効果は?

アイトレーニングの効果は?

 

アイトレーニングの効果について解説します。

 

 

アイトレーニングは、強度近視でも視力回復は、果たして可能なのか。

 

 

まずは、そのことを話す前に、そもそも「強度の近視」の定義について解説したいと思います。

 

 

一般的には、視力0.1以下が強度近視の目安と言われています。

 

 

視力0.1程度では、視力表の一番上の文字が読めなくなると、
手もとの文字もぼやけ、この段階が強度の近視となります。

 

 

このレベルになると、眼球はかなり長く伸びてしまいっています。

 

 

強度近視アイトレーニング

 

 

このように、近視という屈折異常は、ほとんどが眼球が長い軸性近視となり、
強度の近視は軸性近視のなかでも、かなり長くの伸びてしまっていることになります。

 

 

 

強度近視は、一体どうすれば視力回復をするのか?

 

強度近視を治すには、レーシックなどの方法もありますが、
レーシックなど高額な費用が掛かるだけでなく、ある程度のリスクが伴います。

 

 

お子様の視力が悪い場合、まだ幼いお子様にレーシックを受けさせるわけにはいきませんので、
なるべく自然に視力が回復するのが一番の理想です。

 

 

そこで、今そういった強度近視の方でも高い確率で視力回復が出来ると
話題になっているのがアイトレーニングです。

 

 

アイトレニーニングとは、アイ・トレーニング視快研の田中謹也の自宅で出来る視力回復トレーニング法です。

 

 

自宅で1日たったの13分のトレーニングをするだけで、
視力がみるみるうちに良くなる驚異の視力回復トレーニングです。

 

 

強度近視の方でもアイトレーニングを実践して、数週間で
視力が0.1以上になった方は実際にたくさんいます。

 

 

アイトレーニングを実践したほとんどの人が、1〜2ヶ月以内に視力を大きく回復しているのです。

 

 

アイトレーニングに関する詳細は、下記で詳しくまとめています。

 

 

アイトレーニングの購入前の注意点などもまとめていますので、是非ご参考下さい。

 

アイトレーニングはこちら