子供の目が悪くなる原因

子供の目が悪くなる原因

 

子供の目が悪くなる原因について解説します。

 

近視大国日本と言われるぐらい近視の人の割合が増えてきて、近年では子供の視力低下が問題になっています。

 

 

この子供の目が悪くなる原因にはどのような事があげられるのでしょうか。

 

 

子供の視力低下について見ていきたいと思います。

 

 

 

子供の視力について

 

子供の視力低下が問題になっていますが、実際に目が悪い子供はどのくらいいるのでしょうか?

 

 

文部科学省が毎年行っている「学校保険統計調査」の結果をみてみると、調査結果では学校検診でひっかかる視力1.0未満の人の割合は

 

 

幼稚園は約27%、小学校は約30%、中学校は約53%、高等学校は約63%という結果になっています。

 

 

つまり中学・高校に至っては半数以上が視力1.0以上ないという結果なのです。

 

 

コンタクトが普及し特に中学生・高校生になると眼鏡ではなくコンタクトで視力矯正を行っている人も多く、他の人から見ると視力が悪いと気付きにくいためこの視力低下の人数の多さには驚かれた人もいると思います。

 

 

子供の目が悪くなる原因としては遺伝的な問題ももちろんありますが、これだけ視力低下が問題になっている原因としては現代の生活環境なども大きく影響しているのです。

 

 

特に暗い所やスマホが視力低下の原因の一つとも言われているのです。

 

 

目が悪くなった子供の視力を上げるには、アイトレーニング視力回復法がオススメです。

 

 

アイトレーニングは、子供の視力を回復させるための視力回復トレーニングです。

 

 

アイトレーニング視力回復法はこちら