目が悪くなる原因は、遺伝的と環境的原因がある!

視力低下には、遺伝的な原因と環境的な原因がある!

 

視力がいくつぐらいになったら目が悪いというのか気になっている人もいるのではないでしょうか。

 

学校検診では視力1.0以下だと検査にひっかかります。

 

また眼科では1.0以上あれな視力的には問題なしと考えます。

 

しかし車の免許証は両目で0.7あれば視力矯正は必要ありませんので、大人の場合は免許証にひっかかるこのラインが目が悪いという基準になっている事が多いように思います。

 

では目が悪くなる原因にはどのような原因があるのでしょうか?

 

目が悪くなる原因としては大きく分けて遺伝的な原因環境的な原因の二つに分けられます。

 

近視は軸性近視と屈折性近視に分けられるのですが、軸性近視は眼球の長さ(眼軸)が長いために網膜の手前でピントを結んでしまう近視です。

 

眼軸は遺伝が関係しているので、親の目が悪ければ子供も目が悪くなる可能性があるというわけです。

 

小学生になると視力が悪くなる子供が増えてきますが、低学年の頃から近視が強い場合や、強度近視と言われるぐらい度数が強い場合はこの遺伝的な原因が大きいと言われています。

 

またよく言われる「近くの見過ぎで目が悪くなる」と言うのも嘘ではありません。

 

ゲーム機やスマートフォンの普及で子供が近くを見る機会が昔に比べて増えています。

 

もちろんマンガや勉強も近業になります。

 

近くを見る時はレンズの役割をしている水晶体と呼ばれる部分が膨らんでピントを近くに合わせます。

 

しかし近くを長時間見続けているとこの水晶体の厚みを変えている毛様体という筋肉が緊張してしまい元に戻りにくくなり、一時的に遠くが見えにくい状態となるのです。

 

これを仮性近視と言い屈折性近視に含まれます。

 

仮性近視は早めに治療する事で治りますが、そのまま放置していると近視が強くなる可能性があるのです。

 

子供の視力回復法として、今大人気なのが、アイトレーニングです。

 

教室に通うことなく、自宅で1日数分だけ取り組むだけで、子供の視力を回復する方法として今注目を浴びています。

 

アイトレーニング視力回復法はこちら