視力低下を防ぐ対策!目を休め、部屋を明るく、姿勢を正す!

視力低下を防ぐ対策

眼が悪くなるのを防ぐにはどうしたらいいのでしょうか。

 

目を休める時間をとる
近くを長時間見続けていると毛様体筋が緊張し調節緊張という状態になるため、長時間の近業は避けましょう。

 

1時間近くを見たら15分程度は遠くを見るなどして目を休めてあげるとよいでしょう。

 

携帯ゲーム機などはゲームに夢中になりすぎてついつい時間を忘れてしまいがちです。

 

ゲームの時間を決めて行うようにしましょう。

 

 

 

部屋の明るさに気をつける
部屋が暗いと見にくいために本を読んでいても字が見えずに本に目を近づけてしまいます。

 

そうなるとより近くを見る事になるため目の負担が大きくなるのです。

 

特に子供は暗い所でも気にしないで本を読んだりゲームをしたりする事が多いので、部屋の明るさには気を付ける必要があるのです。

 

 

 

姿勢をよくする
姿勢が悪く背中が猫背の状態になっていたり、寝転がって本などを読むとどうしても距離が近くなってしまいます。

 

本などを読む時は机から30センチ以上離して正しい姿勢で読むようにしましょう。

 

 

 

これらは昔からよく言われている事ですが、これが出来ている人は実は大人も子供も少ないです。

 

インターネット社会となり私達の身の回りは目を酷使する環境が増えています。

 

これらから目を守るためにも、目が悪くなる原因を把握ししっかりと対策を行っていく事が大切なのです。

 

子供の視力が回復する方法はこちら